会員インタビューNo.1
会社名:All Nippon Airways Co., Ltd.様
アンケート回答:Kana Unden様/旅客セールスアシスタントマネージャー

「お客様満足と価値創造」で世界のリーディングエアライングループへ

1986年3月に太平洋路線に進出し、挑戦と成長のDNAを受け継ぎながら、お客様に徹底的にこだわり続け、英国SKYTRAX社の世界最高評価「5スター」認定を2012年から4年連続で獲得し続けるANAグループ(ANAグループ 片野坂代表取締役メッセージ引用)。今回はANA様の会員インタビューをご紹介します。

2020年の東京オリンピックに先立ち、羽田空港に国際線第三ターミナルがスタートし24時間の国際空港として国際線がますます便利に、そしてグローバルエアライン同士の熾烈な競争が予想されるなか、同社のグローバルブランド企業としてこれからの進化が非常に期待されます。

1. どのような業種のサービスを提供されていますか。

航空会社 (空運業)

バンクーバー=羽田間で一日一便運航しています。

2. どのような方を対象とされていますか。

ビジネスや観光、帰省など多岐にわたるお客様を対象にビジネスをしています。

3. 会社はどこにありますか。

バンクーバー国際空港内オフィスと貨物オフィスの2箇所です。

4. 御社にしかない強みを教えて下さい。

ANAは、バンクーバーから東京行きのエアーラインの中で唯一羽田国際空港を使用しています。

ほとんどの国内主要都市に同日に接続でき、アジア・オセアニア地域へのコネクションも便利です。また、羽田空港は都心に近いため利便性も高く、羽田からバンクーバーへの出発時間が夜間であることから東京での滞在を時間を有効に使えます。

5. 「日本とカナダをつなぐ」ためにどのような取り組みをされていますか。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのスポンサーエアーラインの一社として日本の素晴らしさを宣伝すると共にカナダからの訪日にも貢献させて頂いております。

6. 年間通して行っているキャンペーンなどございましたら教えて下さい。

下記弊社E-News Letter にサインアップしていただけると、年間を通じてお得な運賃情報などのさまざまな情報をお届けしています。時にはエコノミークラスペアチケットが当たる楽しい抽選などのキャンペーンも行っていますので、是非この機会にサインアップしてください。

https://www.ana.co.jp/en/ca/serviceinfo/share/e_newsletter/index.html

 

◇ ANAの新しい取り組み「avatarin(アバターイン)」ってご存知でしたか?

ANAグループは4月1日、アバター(分身)を社会インフラとして活用する事業会社「avatarin(アバターイン)」を設立。同社の事業戦略として新たしいビジネス領域を進めてゆく事を発表しています。本ページですこしだけ内容をご紹介します。

「物理的距離と身体的限界をゼロにする avatarin」

今まで人類ができなかったことを成し遂げる。
人を「距離」からも「肉体」からも自由にし、いつでもどこへでも移動を可能にする“瞬間移動”。
あなたのいる場所にも肉体の能力にも関係なく、いまこの瞬間行きたい場所へ行ける。会いたい人に会える。
世界中に、そして、宇宙に設置されたアバターに入り込むことで“瞬間移動”を可能にする「アバターイン」は移動を変え、教育を変え医療を変え、ショッピングを変え、エンターテインメントを変え、人類の生活にまつわる、ありとあらゆることを変えていく。(avatarin社ホームページより引用)